見た目と機能性を兼ね備えたセラミック

歯が欠けたり虫歯治療で歯を削ったりしたときには、損なわれた部分を人工物で補う必要があります。通常、保険診療では前歯にはレジン(歯科用プラスチック)が、奥歯には金属製の詰め物や被せ物、差し歯が使用されます。しかし、これら保険が適用される素材は、最低限の機能を果たすことを目的としているため、経年劣化や見た目の悪さが少なからずあります。

特に白い歯列の中で目立つ銀歯(歯科用の合金)は、見た目に悪いだけでなく、経年劣化によって金属の溶け出しを引き起こし、歯ぐきへの着色を招くことがあります。さらに、溶け出した金属イオンが、金属アレルギーの症状を引き起こす原因となっていることも問題視されています。

そこで、健康や美容への意識の高まりから、近年注目されているのが、より高品質で審美性の高い歯科素材「セラミック」です。

セラミックの特徴

セラミックとは陶製の素材のことです。歯科医療技術の発達により、機能面、審美面、安全面などで多くのメリットを兼ね備えています。

セラミックを使用するメリット
  • 透明感があり、天然歯に近い見た目が実現できる
  • 周囲の歯の色に合わせ、色味の調整ができる(自然な仕上がりになる)
  • 金属不使用のため、金属アレルギーなどの心配がなく安全
  • 金属不使用のため、歯ぐきへの着色、黒ずみなどが起こらない
  • 強度・耐久性ともに金属に勝るとも劣らない
  • 汚れの付着が少なく、また、汚れを落としやすい

銀歯との違い

  銀歯(合金) セラミック
銀歯(合金) セラミック
審美性 白い歯列の中で銀色が目立つ。金属イオンの溶け出しによって、歯ぐきに着色、黒ずみが生じることがある。 透明度が高く、天然歯と同等以上の美しさがある。色の調整ができるため、周囲の歯と調和が図れる。
機能性 天然歯より硬く、噛み合う歯を傷つけることもあるが、最低限の機能性を確保できる。 十分な強度を持つ。汚れの付着が少なく、汚れても落としやすい。
耐久性 経年劣化があり、摩耗する。 摩耗や経年劣化がない。
安全性 金属イオンの溶け出しによって、金属アレルギーを引き起こすことがある。 金属不使用のため、金属アレルギーの心配がない。

優れたセラミック「ジルコニア」

  • ページの先頭へ戻る